相続放棄をするにあたっての手続き~正しく行なうコツ~

スーツ

専門家に解決してもらう

男性

離れて暮らす子供に会う方法について

仙台在住の方が、離婚後に離れて暮らす子供と会わせてもらうことができずにいる場合は、家庭裁判所に申し立ててみることをおすすめします。夫婦は離婚すれば他人になってしまいますが、子供との縁までが切れてしまうわけではありません。よく子供を引き取った側が、別れた配偶者と子供との面会を拒むケースがありますが、子供自身にも別れた親に会う権利があることを忘れてはいけません。しかし、子供に会いたい一心から誘拐まがいのことをする親がたまにいます。たとえ血が繋がっている親子であったとしても、親権者に無断で子供を連れ去ることは犯罪行為に該当します。万が一大事になってしまうようなことがあれば、子供が一番傷ついてしまうことになりますので、専門家に相談をして正しい手順を踏むようにする必要があります。仙台市内には、面接交渉権に対する理解が深い弁護士がいますので、そのような弁護士を探して相談してみることをおすすめします。

離婚前に面接交渉権の取り決めをしておく人が増えてきています

離婚後も子供に会い続けたいと考えているのであれば、離婚する前に面接交渉権に関する取り決めをしておくのが望ましいです。子供が新しい環境に慣れるようにするためという理由で、面会を拒否されてしまうケースが実際によくあります。しかし、一番関心を払うべきなのは子供自身の気持ちです。子供の心身の健全な生育のためにはどうするのがベストな方法であるのかを、離婚する夫婦双方が真剣に考えてみる必要があります。しかし、現実的には、当事者だけの話し合いでは感情的になってしまう可能性が高いです。先程も述べた通り、仙台市内には良い弁護士がいますので、そのアドバイスを受けながら協議を進めるようにするのがよいです。ここ数年、仙台では、離婚前に面接交渉権に関する取り決めをしておく夫婦がとても多くなってきています。その背景に弁護士の活躍を垣間見ることができますが、あらかじめ面接交渉権について決めておくようにすることで、無用なトラブルの発生を回避できるようになります。